ブログ

「技術者のための特許マインド」~5.特許を他社に使用された場合の対応(5)~の動画を公開しました。

from : 山城 正機

こんにちは、山城です。

「技術者のための特許マインド」

 

第五セッション「特許を他社に使用された場合の対応」というテーマにおいて、

「警告前にすべきこと」について説明する動画を公開しました。

他者による特許の無断使用を発見したからといって、

直ちに警告状を出すのは得策とは言えません。

仮に、その他者の使用が自社の特許権に抵触していなかった場合、

つまり、よくよく調べてみると侵害ではなかった場合、

相手方の名誉を傷つけることとなり、

思わぬしっぺ返しをくらうこともあります。

警告状を出す前に、

しっかり調べておきたい3つのポイントについて説明した、

「技術者のための特許マインド」~5.特許を他社に使用された場合の対応(5)~の動画は

コチラからご覧ください。

関連記事

  1. 「技術者のための特許マインド」~6.発明者は弁理士に何をどこまで…
  2. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(3)…
  3. 特許調査のキホン~日本独自の分類 FI の構造について
  4. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(7)…
  5. 特許調査のキホン~FI・Fターム検索とテキスト検索の比較
  6. 特許調査のキホン~FIの階層構造を J-PlatPat を用いて…
  7. 「技術者のための特許マインド」~3.特許になるものならないもの(…
  8. 「技術者のための特許マインド」~5.特許を他社に使用された場合の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP