ブログ

「技術者のための特許マインド」~5.特許を他社に使用された場合の対応(3)~の動画を公開しました。

from : 山城 正機

こんにちは、山城です。

「技術者のための特許マインド」

 

第五セッション「特許を他社に使用された場合の対応」というテーマにおいて、

「無効審判」について説明する動画を公開しました。

侵害を訴えられた側は、そのカウンターパンチとして、

「無効審判」を請求することができます。

特許が「無効」であると判断されると、

最初から無かったことになるため、

「侵害も発生していない」と判断されることになります。

無効審判の細かい要件はさておき、

基本的な考え方や、その結果、どのようなことが起こるのかについて

押さえておきましょう。

また、無効審判内において、

権利範囲を小さくして生き残る方法があるのですが、

それについては、次の記事で解説します。

「技術者のための特許マインド」~5.特許を他社に使用された場合の対応(3)~の動画は

コチラからご覧ください。

関連記事

  1. 新しい J-PlatPat における、特許・実用新案の番号照会の…
  2. 「技術者のための特許マインド」~特許・実用新案とは何か(3)~の…
  3. 「技術者のための特許マインド」~6.発明者は弁理士に何をどこまで…
  4. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(1)…
  5. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(4)…
  6. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(5)…
  7. 本日、エンジニアの方が持っているものを引き出しに行きます
  8. オープンイノベーションが限界を突破する?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP