ブログ

特許調査のキホン~日本独自の分類 FI の構造について

from : 山城 正機

こんにちは、山城です。

今日は、

特許調査を行うにあたって

必ず知っておいていただきたい

日本独自の特許分類である

FI

の概要について、解説する動画を公開しました。

FIは国際的な特許分類であるIPCを

細かく展開したもの

であり、

IPCの弟分

のようなものです。

IPCと似た構造を持つ一方で、

異なる考え方の部分もあるため、

注意が必要です。

FIの基本ルールを解説した動画は、コチラです↓

関連記事

  1. 「技術者のための特許マインド」~7.番外編(3)~の動画を公開し…
  2. 「技術者のための特許マインド」~3.特許になるものならないもの(…
  3. 「技術者のための特許マインド」~6.発明者は弁理士に何をどこまで…
  4. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(7)…
  5. 「技術者社長のための特許権侵害予防」~4.無効審判~の動画を公開…
  6. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(4)…
  7. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(1)…
  8. 「技術者のための特許マインド」~4.権利化までの流れと期間(5)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP